経営の集客方法を知る|飲食店を繁盛させるために

世界の金融の中心地

ビル

日本と相違ない手続き

香港に会社を設立する目的は様々です。一番大きな理由は、税金の対策になることです。日本の税金の取り扱いと香港の税金の取り扱いは異なりますので、これによって税金上の優遇を受けることになるのです。もちろん日本国内での売り上げに関する税金は日本の税金の範囲になりますが、香港で会社設立することによって日本を介しない貿易などの取引に関しては、香港の税金が適用になるため、優遇される結果になるのです。香港での会社設立は日本と同じような手順となっています。ほかの国と比較してわかりやすくなじみやすいため、特にコンサルティングなどを必要とせずに会社設立することも可能になります。また設立までの期間も短くなっています。通常では三か月もあれば、会社設立が可能になるため、短い期間で会社を設立することも可能になっています。しかし香港にビジネス目的で入国する際には、ビザが必須となります。このビザの取得が他の国より難しい難点もあります。一度拒否されると二度目の申請で審査が通りにくくなることもあり、審査を受ける前の準備を念入りにすることが大事になります。ビジネス目的で入国できなければ、会社設立もすることはできないため、ビザ取得に関する専門のアドバイスや支援を行う会社もあるほどです。最初は手惑うことも多くなっているため、ビザ取得に関してはコンサルティングを付けることがおすすめです。金融の中心でもあるため、事業もスムーズに進むことも魅力になっています。